バターケース&バターナイフ、または弁当箱 1日コース

《バターケース&バターナイフ、または弁当箱 1日コース》 

日 程 

2018年

5月14日(月)

5月27日(日)

7月14日(土)

時 間 9:30~15:30

対 象 初心者

定 員 8名

料 金 5,400円(税・材料費込み)

 

★バターケース&バターナイフ 1日コース

 

ひとつの木の塊からトリマーという電動工具を使ってバターの入る穴を彫り、

角の面取りや、蓋と本体とのズレ防止の溝加工などの加工をします。トリマー三昧な一日です。

紙やすりで丁寧に仕上げて、胡桃油を摺り込むとしっとりとしたバターの入れ物に仕上がります。

朝の食卓に木のバターケース、木の器、木のコップに木のさじ。

樹脂でコーティングされたものではなくて、ひとつひとつ手作りで事前の風合いを大切にしたもので揃えたいですね。

 

材料は2セット分(1日でできるのは1セット、残りは貸し工房をご利用ください。)

製作過程

★弁当箱 1日コース

 

ブラックチェリーの厚板をトリマーという電動工具でくりぬいてお弁当箱を作ります。中の仕切りを残すように彫り込み、蓋も彫り込みます。

 

サンプルはクルミの木ですが、バターケースと同じブラックチェリーで製作します。

 

 

<大サイズ>

寸法:長さ216×幅112×高さ55mm 

容量:約650ml(底板10mm)〜730ml(底板6mm)※

<中サイズ>

寸法:長さ240×幅 90×高さ50mm

容量:約510ml(底板8mm)〜540ml(底板6mm)※

※容量は、本体を彫り込む深さ=底板の厚さによって変化いたします。

製作過程

バターケース&バターナイフまたは、弁当箱 1日コース 講習会受付

メモ: * は入力必須項目です