ソプラノ・ウクレレ 3日コース

側板を天板に貼りつけているところ
側板を天板に貼りつけているところ
ソプラノウクレレづくり
ソプラノウクレレづくり

講師:四弦舎

ソプラノウクレレ 3日コース

 

日 程 2017年

<2月、日曜日コース>  2月12日・19日・26日  

<6月、土曜日コース>  6月 3日・10日・17日 

<9月、日曜日コース>  9月10日・17日・24日 

<12月、土曜日コース>12月 2日・ 9日・16日 

 

 

 

時 間 9:30 ~ 15:30

対 象 初心者

定 員 8名

料 金 未定

木 材 ボディ:マホガニー

 

内 容

四弦舎さんのウクレレ制作講習会。製材された状態から作ります。マホガニー単板の表・裏板に力木を接着し、曲げ木加工された同じくマホガニーの側板を貼り付けボディーを作ります。ウクレレづくりの旅のスタートです。ネックの取り付けやフレッドの打ち込みと、ボリューム満点ですが四弦舎さんの優しくて分かりやすい説明でウクレレの構造を理解しながら制作できます。作る時間を大切にする土澤さん「作った後にウクレレを囲んで笑顔が生まれればいいな」と話します。

製作過程

★オーダーウクレレ・ハーフビルド 5日コース★

日 程

2017年

<4&5月、日曜日コース>

4月2日・9日・16日・23日・30日

5月7日・14日・21日

<10&11月、火曜日コース> 

10月3日・10日・17日・24日・31日

11月7日・14日・21日・28日

(各コースから5日間をお選びください)

 土曜コースから火曜コースに変更いたしました。 

 

時 間 9:30 ~ 15:30

対 象 初心者~上級者

定 員 8名

料 金 50,000円 + 材料費が別途必要です。

木 材 木材は事前にご相談下さい。

    ボディ表:

    ボディ裏:

    ボディ側面:

    ネック:

    指板 

ウクレレ講習会 in テノ森

楽器を作る工程ってどうなっているのかな?

ハワイでウクレレづくりを勉強した四弦舎を講師に、テノ森でウクレレづくり講習会を開催しています。

まずは私細井が四弦舎さんの指導のもとソプラノウクレレのサンプル製作体験をしてみました。マホガニーの薄い表裏の板に力木を固定します。この2㍉程度の薄板に同じく2㍉程度の曲げ木加工された側板を貼り付けます。側板と同じカーブで曲げ木加工された補強材を接着し接着面を広するときちんと接着できました。楽器用の可愛らしい固定クランプをたくさん使います。ネックの微妙な角度調整をしながらボディに固定するとウクレレの形になってきます。表・裏板の飛び出した部分を小刀で削り紙やすりで整えると、先ほどまでの心細い薄板の印象は消え、頼れるボディーにがらりと変わります。

金属のフレットを埋め込んだり、ナット、ブリッジ、サドル…ウクレレの制作はまだまだ続きます。

 

楽器作りにはいろいろな工程があります。一つひとつの工程で作る人が感じる世界は色々です。発見は感動です。その中でも初めての発見が一番大きな感動になります。ウクレレ作家さんと共に制作する経験はきっと素敵な時間になると思います。

ウクレレ制作 講習会受付

メモ: * は入力必須項目です